2018 01/26 金曜日
                                        

南條亮(Nanjou Akira)ジオラマ記念館から

常設展示 記念館OPEN  /  いこらも~る泉佐野2F (大阪・泉佐野市)

 「人間、この愚かですばらしきもの展」を全国各地で開催して大好評を博した、造形作家南條亮氏(1943年~)の〝人形が語る懐かしの昭和『南條亮ジオラマ記念館』〟(常設展示)がOpenしました。
 激動の20世紀を見つめなおそうと約900体の人形と、精巧な1/8スケールの立体模型(ジオラマ)で庶民の群像を表現、終戦・戦後の昭和20~30年代の暮らしの様相を再現しています。
どの人形も、今にも動き出しそうで、躍動感にあふれています。

今回は、南條亮氏の作品から
『 明治の道頓堀 』を写真で紹介します。
   当時の道頓堀は現在と変わらない程の賑わいでした。橋は戎橋で大きな建物は中座です。
   建築基準法などなかった当時木造二階建ての家の上に、さらに家を建て増して積み重ねるという
   大胆なことが行われていました。
   左端の船は「牡蠣船」です。(説明盤より)

  20180126-01.jpg

  20180126-02.jpg

  20180126-03.jpg

  20180126-04.jpg

  20180126-05.jpg
  
  20180126-06.jpg

  20180126-07.jpg
  
  20180126-08.jpg

  20180126-09.jpg

  20180126-10.jpg

  20180126-11.jpg

  20180126-12.jpg

   ** 次回は 「明日への道」戦後復興期 を投稿する予定です。

              NEXT Page  TOP of Page  PREVIOUS Page







  comment BOX 

     

  message BOX 

     


   コメントは公開せずAuthor:megamaにだけ届けます。(送信後の確認も非表示になります)

               (ご注意)本文が「空白」の場合は送信できません。
                 業者様のDMなどの送信はお断りいたします。

           


 ||  *最新のページに戻る*  || 


     今   日
  

      ******
  もうひとつのblog
         “花の香りに誘われて”へどうぞ!

      http://megama.jp

megama

      Author: megama

私のブログ『日々是テンとマル』に
         ようこそお越しを!
ありがとうございます。

大阪・南西部に居住。
趣味は、写真 / カメラ etc.
〝ちょっと幸せ・趣味優游〟。
ドライブと近場の散策で、風景や草花の
撮影を楽しんでます。

   報恩感謝。日々是、句読点。




          Author Only

     
       Update