2018 01/30 火曜日
                                        

南條亮(Nanjou Akira)ジオラマ記念館から ④

輝く「いのち」  /  人の温かみ

下町はいつも活気に溢れ、すべての「いのち」が輝いていた。
裕福とは言えないけれど、決して貧困ではなく、そこにはいつも人の温もりがあった。弱い者同士が助け合い、ささやかなシアワセを分かち合っていた。

  180130-01.jpg

  180130-02.jpg

  180130-03.jpg

  180130-04.jpg

  180130-05.jpg

  180130-06.jpg

  180130-07.jpg

  180130-08.jpg

  180130-09.jpg

  180130-10.jpg

  180130-11.jpg

  180130-12.jpg

  180130-13.jpg

  180130-014.jpg

  180130-15.jpg

  180130-16.jpg

  180130-17.jpg

  180130-18.jpg

  180130-19.jpg

  180130-020.jpg

  180130-21.jpg

  ** 常設展示されている作品はまだまだたくさんあります。
  8コーナー(ステージ)の内、7コーナーの一部の作品を写真投稿させていただきました。
  どれもが躍動感に溢れ、いまにも動き出しそうな作品です。
  ぜひ、「南條亮ジオラマ記念館」でのご鑑賞をお薦めいたします。

      南條亮ジオラマ記念館(常設展示)  入館鑑賞無料
             大阪府泉佐野市下瓦屋町2丁目2-77
             大型ショッピングモール「いこらも~る泉佐野」2階(10:00~21:00)
             南海本線 井原里駅 下車徒歩5分

              NEXT Page  TOP of Page  PREVIOUS Page

2018 01/29 月曜日
                                        

南條亮(Nanjou Akira)ジオラマ記念館から ③

戦後の復興期  /  希  望

       激動の20世紀を見つめなおそうと約900体の人形と、精巧な 1/8 スケールの
     立体模型(ジオラマ)で庶民の群像を表現、終戦・戦後の昭和20~30年代
     の暮らしの様相を再現しています。
     
それぞれの暮らし、なつかしい笑顔、ささやかなシアワセ、まぶしい夢、かけぬけた日々。
下町にはさまざまな庶民の顔がある。素直な喜怒哀楽と、したたかな生き様がある。下町はいつも活気に溢れ、すべての「いのち」が輝いていた。

  180129-01.jpg
  
  180129-02.jpg

  180129-03.jpg

  180129-04.jpg

  180129-05.jpg

  180129-06.jpg

  180129-07.jpg

  18129-075.jpg

  180129-08.jpg

  180129-009.jpg

  180129-10.jpg

  180129-11.jpg

  180129-12.jpg

  180129-13.jpg

  180129-14.jpg

  180129-15.jpg

  180129-16.jpg

  180129-17.jpg

  180129-18.jpg

  180129-19.jpg

  180129-021.jpg

  180129-020.jpg

 ** 次回に、さらに続きます。

          『南條亮ジオラマ記念館』(大阪・泉佐野市)  常設展示 入館鑑賞無料

              NEXT Page  TOP of Page  PREVIOUS Page

2018 01/27 土曜日
                                        

南條亮(Nanjou Akira)ジオラマ記念館から ②

明日への道  /  生きる喜び 

                 ** 文章はすべて館内のパネル表示から再掲したものです。

            終  戦
                 すべてを破壊し
                 すべてを傷つけた戦争は
                 生きとし生けるものすべてを
                 踏みにじって
                 あっけなく終わった

  『明日への道』
    お母さん 今日からみんな 死ななくてもいいんやね ?

  0001.jpg

  0002.jpg
  
  0003.jpg
 
  『戦後の街』
    廃墟の街にむらがる生ける骸たち。
    人間はいとも簡単に豹変する生きものだ。
    二度と再び立ち上がれないような苦しみと悲しみ。
    タマシイをえぐり取られるような体験をしたにもかかわらず、
    人間は絶望をたくましさに変えて生きようとする。
    しかし、そこには、小賢しい理屈なんて入り込む余地など無い。
    人間たちよ、決してあきらめてはいけない。
    どんな事があっても生きなさい。
    どんな事があっても、生きつづけなさい。

  0004.jpg

  0005.jpg
 
  0006.jpg

  0007.jpg

  0008.jpg

  0009.jpg

  0010.jpg

  0011.jpg

  0012.jpg

  0013.jpg

  0014.jpg

  0015.jpg

  0016.jpg

  0017.jpg

  0018.jpg

  0019.jpg

  0020.jpg

  ** 次回の投稿に続きます。

       南條亮ジオラマ記念館(常設展示)  入館鑑賞無料
               大阪府泉佐野市下瓦屋町2丁目2-77
               大型ショッピングモール「いこらも~る泉佐野」2階(10:00~21:00)
               南海本線 井原里駅 下車徒歩5分

              NEXT Page  TOP of Page  PREVIOUS Page

2018 01/26 金曜日
                                        

南條亮(Nanjou Akira)ジオラマ記念館から

常設展示 記念館OPEN  /  いこらも~る泉佐野2F (大阪・泉佐野市)

 「人間、この愚かですばらしきもの展」を全国各地で開催して大好評を博した、造形作家南條亮氏(1943年~)の〝人形が語る懐かしの昭和『南條亮ジオラマ記念館』〟(常設展示)がOpenしました。
 激動の20世紀を見つめなおそうと約900体の人形と、精巧な1/8スケールの立体模型(ジオラマ)で庶民の群像を表現、終戦・戦後の昭和20~30年代の暮らしの様相を再現しています。
どの人形も、今にも動き出しそうで、躍動感にあふれています。

今回は、南條亮氏の作品から
『 明治の道頓堀 』を写真で紹介します。
   当時の道頓堀は現在と変わらない程の賑わいでした。橋は戎橋で大きな建物は中座です。
   建築基準法などなかった当時木造二階建ての家の上に、さらに家を建て増して積み重ねるという
   大胆なことが行われていました。
   左端の船は「牡蠣船」です。(説明盤より)

  20180126-01.jpg

  20180126-02.jpg

  20180126-03.jpg

  20180126-04.jpg

  20180126-05.jpg
  
  20180126-06.jpg

  20180126-07.jpg
  
  20180126-08.jpg

  20180126-09.jpg

  20180126-10.jpg

  20180126-11.jpg

  20180126-12.jpg

   ** 次回は 「明日への道」戦後復興期 を投稿する予定です。

              NEXT Page  TOP of Page  PREVIOUS Page

2018 01/18 木曜日
                                        

水  仙

重源(ちょうげん)上人 /  和泉市

 鎌倉時代に我が国で初めて水仙を植栽されたのが、現在の大阪・和泉市桑原地区と伝わります。
俊乗房重源上人が水仙の球根を宋(中国)から持ち帰り、コメのできない砂地に植えさせ農民の生活を支えたそうです。
また、重源上人は和泉市の東部丘陵に「谷山池」を築き、多くの田畑を潤しました。
谷山池は和泉リサイクル環境公園の隣地にあり、公園内には重源上人の石座像が祀られています。
水仙の写真は、和泉リサイクル環境公園(大栄環境株式会社が設置開園する「花とスポーツの公園」・入場料&駐車場無料)で撮影したものです。
 俊乗房重源上人(1121~1206)  奈良・東大寺大勧進職として、源平の争乱で焼失した東大寺の復興を果たした。

  photography 2018.01.18
  20180118-001.jpg

  20180118-02.jpg

  20180118-03.jpg

  20180118-04.jpg

  20180118-05.jpg

  20180118-006.jpg

              NEXT Page  TOP of Page  PREVIOUS Page






     今   日
  

      ******
  もうひとつのblog
         “花の香りに誘われて”へどうぞ!

      http://megama.jp

megama

      Author: megama

私のブログ『日々是テンとマル』に
         ようこそお越しを!
ありがとうございます。

大阪・南西部に居住。
趣味は、写真 / カメラ etc.
〝ちょっと幸せ・趣味優游〟。
ドライブと近場の散策で、風景や草花の
撮影を楽しんでます。

   報恩感謝。日々是、句読点。




          Author Only

     
       Update